Tailor Grand Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Linen,Wool,Cotton,Style

<<   作成日時 : 2017/08/31 23:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あっという間にお盆休みも終わって、明日からは9月に入りますね。

これから秋冬物の製作をしていると、年末までも直ぐに時間が過ぎそう

です。


本日はお客様にオーダー頂いた様々な素材のスーツをご紹介したいと

思います。





SPENCE BRYSON 
"LINEN" 370gms
Black Single Breasted Shawl Collar Suit


画像

画像






まず最初にご紹介するのは、建築・グラフィック・プロダクトなど、

幅広い分野のデザインを手掛ける「NOSIGNER」を主宰する

太刀川瑛弼さんです。


今回、氏にオーダー頂いたのは、ベリークールな印象のブラック

リネンスーツでした。

普段から黒い洋服を好んで着ているという太刀川さんらしく、

袖を通して直ぐに着こなしておられました。





画像






内側のライニングには綺麗なメタリックブルーのものをお選び

頂きました。

ハッとする色合わせが素敵ですね。





画像






スーツのスタイルはナローなショールカラーの2ツ釦にスラント

ポケットを配し、袖口にはターンバックを付けたドレッシーなムード

溢れる一着となりました。


お気に入り頂き、ウェイト違いで同じものをご検討くださるとの事。

またのご用命お待ちしております!







DUGDALE BROS&CO 
"NEW FINE WORSTED" 280/310gms
Navy Plain Weave Single Breasted Sack Suit


画像

画像





お次にご紹介するのは、N氏にオーダー頂いたアメリカン

トラディショナルスタイルのサックスーツです。


今回お選び頂いたのは英「ダグデイル」社の平織り生地で、

春から秋にかけて長く着用できるウェイトのものでした。





画像






衿回りなどに入れたミシンステッチや段返りのボタンホールが

アメトラのムードを感じさせますね。


加えて、マットな生地感が気取らないフランクな印象と共に

質実剛健な佇まいを醸し出しています。


合わせたネクタイは昔に購入したという、丸善別注の“NEW &

LINGWOOD”製のレップストライプでしたが、渋い柄行が今回の

スーツに良く合っておられました。





画像






生地は違えど、いつお会いしても変わらない氏の佇まいから、流行に

左右されずに自分の好きなスタイルを貫く、大人の男の格好良さを

感じます。


今回のスーツもまた、お気に入りの一着として長くご愛着頂ければ

幸いです。







Brisbane Moss 
"Cotton Panama" 460gms
Ivory Single Breasted Suit


画像

画像






最後にご紹介するのは、I氏にオーダー頂いたコットンスーツです。


今回お選び頂いたのは、英「ブリスベン・モス」社のコットンパナマ

で、見た目は柔らかそうですが、かなりしっかりとしたヘビーウェイト

クロスでした。





画像





柔らかそうに見えるというのも、今回は中の芯地をなるべく柔らかく、

軽量になる様に作ってあります。


また、経年変化で衿回りやポケットに入れたハンドステッチが存在感を

増してくると、より一層良い雰囲気の服になるでしょう。





画像






やや長めの着丈がクラシック且つノーブルなムードですね。

また、今回はいつもの段返りではなく、普通の3ツ釦でお仕立てしたのも

新鮮で良かったかと思います。


また機会がありましたら、違う素材や柄のものでオーダー頂けましたら

幸いです。












Tailor Grand
Custom Clothiers
No.25 Water Street, Yokohama


横浜市中区山下町25 インペリアルビル 301

TEL 045−681−7050

WEB www.tailorgrand.com

E-Mail tailorgrand@kbh.biglobe.ne.jp

OPEN 12:00 〜 CLOSE 19:00

定休日  日曜日 

テーラー グランド
長谷井 孝紀

月別リンク

Linen,Wool,Cotton,Style Tailor Grand Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる