Tailor Grand Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Harris Tweed Jackets

<<   作成日時 : 2019/01/14 18:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日は、お客様にオーダー頂いたハリスツイードのジャケットを

ご紹介します。





PORTER & HARDING
"HARRIS TWEED"   440gms
Blue Herringbone Sack Coat


VITALE BARBERIS CANONICO
"WOOLLEN FLANNEL 100'S" 340gms
Oxford Grey Plain Front Beltless Trousers


画像






まず最初にご紹介するのは、S氏にオーダー頂いたジャケットです。


今回お選び頂いたのは、英「ポーター&ハーディング」社の綺麗な

ブルーのヘリンボーン生地でした。


仕立てはいつもの副資材をほとんど使用しないもので、パッと羽織れる

軽量なツイードジャケットです。


また、合わせてフランネルのトラウザーズもオーダー頂きました。





画像

画像

画像






出来上がりを着たS氏。


前回同様、ジャケットはフロントダーツ無しのアメリカンなサック型に

3パッチポケットのスタイルです。


ちなみに、欧米ではこういった副資材をほとんど使用しないジャケットを

“Slack Jacket”と呼ぶそうです。


他にはしっかりとした太畝のコーデュロイなどで作っても良いジャケット

が出来ると思います。







HARRIS TWEED
"FEATHER WEIGHT"   490gms
Dark Brown Sack Coat


画像






お次にご紹介するのは、I氏にオーダー頂いたジャケットです。


お選び頂いたのは、しっかりとしたフェザーウェイトのハリス

ツイードで、よく見ると所々にブルーの糸が入っているブラウンの

生地でした。


単色のものに比べ色の奥行きがあり、見れば見るほど味わい深い

生地です。





画像

画像

画像






出来上がりを着たI氏。


ジャケットのスタイルは上にご紹介したS氏と同じアメリカンの

サック型ですが、通常の毛芯を使用した仕立てなので全体的に

やや重厚な雰囲気に仕上がっています。


ただツイードは馴染みのいい生地ですので、着るほどにどんどん

良さが増して来るのを実感していただけると思います。


冬の相棒として長くご愛着頂ければ嬉しいです。







W. Bill
"Handwoven Harris Tweed"  72cm wide 220-230gms
Gun-club Check Jacket


画像






最後にご紹介するのは、I氏にオーダー頂いたジャケットです。


今回の生地はカントリー服地で有名な老舗マーチャントの「W.Bill」

から、手織りのハリスツイードをお選び頂きました。


通常の生地の約半分である72cm巾は昔ながらの織機で織られた証で、

普通のハリスツイードと比べてふっくらとした生地感が特徴です。





画像

画像

画像






出来上がりを着たI氏。


今回のジャケットは、個人的にお勧めしているカッティング方法で

お仕立てしたもので、上にご紹介したアメリカンなスタイルと同じ

1ダーツの構造ながら、よりメリハリの効いたシルエットに仕上げ

られるメソッドにてお作りしました。


また、小さな画像では分かり辛いですが、フロント部分にダーツは

入らないので柄が崩れず、それでいて豊かな胸のドレープとすっきり

したウェストを併せ持つのが特徴です。


ご興味のある方はぜひ一度お試し頂ければ幸いです。








Tailor Grand
Custom Clothiers
No.25 Water Street, Yokohama


横浜市中区山下町25−2 インペリアルビル 301

TEL 045−681−7050

WEB www.tailorgrand.com

E-Mail tailorgrand@kbh.biglobe.ne.jp

OPEN 12:00 〜 CLOSE 19:00

定休日  日曜日 

テーラー グランド
長谷井 孝紀

月別リンク

Harris Tweed Jackets Tailor Grand Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる